読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The slow time and music

ゆっくり流れる時間を音楽と共に

Arno Haas - Back To You(Live) 2015

アルノ・ハースは、ドイツ出身のサックス奏者。ソプラノ、アルト、テナーの3種を使いこなす。

Oli Silk - [All We Need] 2010

オリ・シルクは、イギリス出身の作曲家、ピアニスト。

Brian Culbertson - [Secret Affair] 2005

ブライアン・カルバートソンはアメリカ合衆国イリノイ州出身のスムーズジャズ/フュージョン界で活躍するピアニストで作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。ベースやトロンボーン奏者としての腕もみせている。

Jeff Lorber - [Hudson] 2007

ジェフ・ローバーはペンシルベニア州フィラデルフィア出身のスムーズ・ジャズ/フュージョンのキーボーディストでプロデューサー、コンポーザー。 ファンキーなサウンドと、斬新なコード進行が特徴。

Eric Darius - [if i ain´t got you] 2006

まるでシンガーのように情熱的にサックスを演奏するスムース・ジャズ界の人気サックス・プレイヤー、エリック・ダリウス。音楽一家に生まれ育った彼は幼いころからサックスに親しみ、ハイスクール在籍中“Blake Jazz Ensemble”に参加し、ニューヨークではウィ…

Brian Simpson - [Let's Get Close] 2007

ブライアン・シンプソンは、スムースジャズのピアニスト。

KennyG - [The Moment]

ケニー・Gは、アメリカのサックスミュージシャン。スムーズジャズ/フュージョンの分野で活動し、主にソプラノサックス奏者として知られるが、アルトサックス、テナーサックス、ウインドシンセサイザーなどを演奏することもある。

Ronny Jordan- [After Hours] 1992

ロニー・ジョーダンは、20世紀末からのアシッドジャズムーブメントの最先端に居たギタリスト。また、アーバン・ジャズ、ジャズ・ファンク、クロスオーヴァー・ジャズ、スムース・ジャズなどのいくつかのジャズ・ジャンルに分類される。

Bob Baldwin - [I Wanna Be Where You Are] 2015

ボブ・ボールドウィンはアメリカ出身の作曲家。参加ユニットは「ピーセス・オブ・ア・ドリーム」。

Boney James - Stop, Look, Listen (To Your Heart)

ボニー・ジェイムスのアルトサックス演奏は流れるように、美しい旋律。今夜も素敵な夜をお過ごしください。カクテルの様な、軽めのお酒を呑みたい気分になりますね。

Paul Taylor - [Pleasure Seeke]

ポール・テイラーのサックス演奏はとても柔らかく、すっと入って行けるような音楽性を持っています。この1曲目は、イントロ部分で、「アジアっぽいのか?」(エキゾチック?)と思わせておいて、実は全然違う風に演奏されていきます。その変化っぷりがちょっ…

Gregorie Howard - [Black Bart] 2009

ハワードの演奏は、ベターな様で奥が深い。ゆったりリラックス気分で聞いてみて下さい。

Jeff Lorber - [Don't Hold Back] 2008

ジェフ・ローバーはペンシルベニア州フィラデルフィア出身のスムーズ・ジャズ/フュージョンのキーボーディストでプロデューサー、コンポーザー。 ファンキーなサウンドと、斬新なコード進行が特徴。本人も、クールなコードチェンジを常に意識した曲作りをし…

Jonathan Fritzén - [The Jungle] 2015

ジョナサン・フリッツエンはスウェーデン・ストックホルム生まれのマルチプレイヤー。スムースジャズを得意とする。ミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサーでもある。主にピアノであるがベース、ギター、フルート、ボーカルなども学んでいる。

Boney James&Rick Braun - [Grazin' In The Grass] 2000

ボニー・ジェイムス はスムーズ・ジャズで活躍しているサックス・プレイヤー。 彼の妻は女優で、ドラマ『ER緊急救命室』で看護師役をしている、リリー・マリエ。 尚、作曲者としては本名で出している。

Marcus Anderson - [Cup of Joe] 2015

マーカス・アンダーソンはサウスカロライナ州出身のサックス奏者。

Ronny Jordan - [Heaven] 2003

ロニー・ジョーダン(1962年11月29日 -2014年1月14日 、イングランドのロンドン生まれ)は、20世紀末からのアシッドジャズムーブメントの最先端に居たギタリスト。

Brian Culbertson- [On My Mind] LIVE

ブライアン・カルバートソンはアメリカ合衆国イリノイ州出身のスムーズジャズ/フュージョン界で活躍するピアニストで作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。ベースやトロンボーン奏者としての腕もみせている。

Oli Silk - [Chill Or Be Chilled] 2008

オリ・シルクは、1979年英国生まれのキーボード奏者。大学の友人であったベース奏者ダニー・シュガーと組んだフュージョン・バンド「Sugar & Silk」で、2000年にデビュー作「Fact or Friction ?」をリリース。

Jonathan Fritzén - [Feeling The Groove] 2010

ジョナサン・フリッツエンはスウェーデン・ストックホルム生まれのマルチプレイヤー。スムースジャズを得意とする。ミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサーでもある。主にピアノであるがベース、ギター、フルート、ボーカルなども学んでいる。

3rd Force, Peter White - [Here Come The Night]

ピーター・ホワイト(Peter White, 1954年 - )はイギリス出身でスムーズジャズ・フュージョンを中心に活動しているギタリスト。元はアル・スチュアートやマット・ビアンコ、その歌手バーシアなど、ポップス界を中心に活動していた。

Jeanette Harris - [All I Do] 2010

ジャネット・ハリスは「スティービー・ワンダー」にも認められた、サックスプレイヤー。バークリー音楽大学を卒業し、その才能を必死に磨いて来た。

EveretteHarp - All Jazzed Up (And Nowhere To Go)

エヴァレット・ハープはアメリカのジャズ・フュージョン・サクソフォーン奏者。セッション・ミュージシャンとして、ソウル・ミュージックの分野においても活動している。

Julian Vaughn - [ J's Jammin ] 2012

ジュリアン・ヴォーンは、アメリカ合衆国(カンザスシティ)から飛び出した「鉛のベースプレイヤー」と称されたベーシストである。レコード会社、ラジオの順番に注目を集めて行った。

Brian Simpson - [Just What You Need] 2013

ブライアン・シンプソンはスムースジャズ界のピアニスト。BGMにして聞くのが一番リラックスする瞬間。それを可能にするのが彼の楽曲。

Eric Essix - [Voyage to Atlantis] 2014

ギタリストのEric Essixです。10歳の頃より、ギターに慣れ親しんでいたのでテクニックは流石に凄いです!今回の曲はサックスが主旋律ですが、ギターの伴奏もたまには良いものです。

Kim Waters - [A Love like this] 2001

キム・ウォーターズはスムース・ジャズのサクソフォニスト。13歳でサックスを吹き始め、二人の兄とバンドを結成。地元のメリーランド州で話題の存在となりました。

3rd Force - [CITY OF DESIRE] 1999

サード・フォースとは、ウィリアム・オーラ、クレイグ・ドビン、アラン・Eskinasiの3人で結成されたスムース・ジャズの音楽グループ。スムース・ジャズがメーンだが”ヒーリング”や”イージーリスニング”に近いジャンルの音楽もかなりかっこいい。