読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The slow time and music

ゆっくり流れる時間を音楽と共に

ジュール・マスネ - [タイスの瞑想曲] 1894

 

f:id:love-musicflavor0928:20160813001806j:plain

 

ジュール・エミール・フレデリック・マスネはフランスの作曲家。 オペラで最もよく知られ、その作品は19世紀末から20世紀初頭にかけて大変人気があった。現在も特に『マノン』、『ウェルテル』、『タイス』は頻繁に上演され、主要なオペラハウスのレパートリー演目となっている。

 

 クラシックの中では本当に好きな曲の一つです。学生時代、音楽の授業で良く聞いていました。この曲を聞くと、心が洗われますね。ヴァイオリンの弦の音って、なんて美しいんでしょう。ヴァイオリンもいいけど、チェロバージョンもまた渋くていいんです。少しトーンが低めで、落ち着いた雰囲気になるんですよね。

音楽って不思議です。こんなにも人の心を動かすんですよ。私は音楽の虜になってしまいました(笑)

 


マスネ: タイスの瞑想曲

 

 

ジュール・マスネ - Wikipedia